可愛く頑張る女性のための情報系求人ポータルサイト【Qtty】キューティー

18歳未満の方は退出してください。[exit]
サブカル 1283P

女の子や風俗嬢の味方になってくれる業者探訪!第1回『痴漢バスターズ』

取材・文/ライター・山木 のりお

実話系ライターとして女性の味方視線で取材をするフェミニスト。今回の痴漢などは絶対に許すことができないと、寄稿してくれた。


女性にとって卑劣な犯罪である“痴漢”。風俗で頑張って働く女性たち、キャバクラ嬢の被害、学生さんの被害が特に多いという。
その痴漢たちを、懲らしめようと組織された業者が兵庫県にいる。

業者の男
「まぁ、困っている女性たちが多いので、ウチの需要も多いよね。ちゃちなサイトを立ち上げただけだったけど、毎日相談や依頼が入ってるよ」

痴漢1

日本で初めての痴漢撃退組織をかたる業者。
どんな男なのか、どんな集団なのか、噂を聞きつけて、業者とコンタクトを取ってみると、見た目かなりコワモテの男性がやってきた。

山木
「それって弁護士法とかに抵触しないんですかね?勝手に交渉事をしているわけだし」
業者の男
「そりゃ、するかもしれないね。でも、ウチとしては善意の第三者として交渉事を丸く収めているだけだから」

詳しく話を聞くと痴漢被害を受けている女性に同行し、犯行を行う犯人をそのまま確保、バスや電車から引きづりおろして、女性の代わりにその後の交渉を行うそうだ。

痴漢に遭ったら、「相手との話は全部任せてほしい」とのこと。もちろん示談の話まで立ち会う場合もあるが、様々な疑問が起こる。

業者の男
「まぁ性的被害に遭った女性は、気持ちの悪い痴漢なんかと話なんてできるはずがない。だから、どうにかして、話をしてやるというわけね」

単身女性や痴漢被害に遭う娘を助けてほしいという親御さんからの依頼が意外にも多く、年間、数十人は相談にやってくる。さらに契約となるのは、数十人ほど。

業者は「痴漢で心に傷を負った女性の恨みを晴らすために、会社や自宅にも乗り込むほど執拗に責め立てる場合もある。だが、そのほとんどは円満な解決へ持っていくようにしている」
ということだ。

山木
「やっぱり痴漢を行う相手は会社員なんてのが多いんですか?」

痴漢2

業者の男
「そうやね。でも、医者や大学教授、公務員なんてのもすごく多い。社会的な地位がある連中はみんなスケベぇやからな。自宅に乗り込んだり、雑誌のライターを動かしたりすることはあるよ。逆ギレしてくる輩もいるから。そういう場合は失職させるくらい徹底的にやる。それが俺らの流儀やね」

出来心で痴漢してしまいそうになるあなた!その気のゆるみの代償は高くつくかもしれない。

痴漢バスターズ

http://blog.livedoor.jp/c_busters/

RECOMEND

人気の記事ランキング