可愛く頑張る女性のための情報系求人ポータルサイト【Qtty】キューティー

18歳未満の方は退出してください。[exit]
サブカル 1293P

指名手配でマンションに潜伏していたオレの大受難28時間!!ヤクザが立てこもったマンションで大騒動に巻き込まれました!〜第2回〜

横濱龍之介
取材・文/フリーランスライター・横濱龍之介

参加したサブカルチャー誌は100冊以上。
東京中野区に住む進出鬼没のフリーライター。


前編はこちら

指名手配でマンションに潜伏していたオレの大受難28時間!!ヤクザが立てこもったマンションで大騒動に巻き込まれました!〜第1回〜

告白者・高倉孝治(仮名)42歳 元結婚詐欺師
オレ
「あとちょっと…、あとちょっと…」

こんな言葉を呪文のように唱えながら、毎日好きでもない女のために掃除のみやってきた。昼に家の中に一日中いると、隣家の物音が気になる。しかもウチは3階建てのコーポで団地のように連立している。イヤでも物音や人の声が聞こえる。

今日はみんな何をやってるのか。オレの楽しみは毎日通信販売で購入した双眼鏡とにらめっこすることだった。

ヤクザ1

右隣は最近越してきた若夫婦。休日などは昼間っから喘ぎ声が一日中聞こえてくる。左隣は、新興宗教にハマる奥さんを抱えた家族。いつも、狭い部屋に複数の信者が波の如く押し寄せ、おかしな読経が聞こえてくる。

正面の棟に住んでいるのは幸せそうな一家。奥さんが妙にそそる感じ。それもそのはず、浄水器販売の若い営業マンと白昼浮気に耽っている。子供が学校から帰ってくるまでにリビングで激しくセックスしていた。

しかもピルでも飲んでいるのか必ず中出しだ。そのアソコをダンナは週2回、何も知らずにナメまくる。その隣の家では、中学生の息子の家庭内暴力が激しさを増し、母親は顔に毎日青アザをつくり、父親はキャッチャーマスクで応戦している。

そこまでの家庭はバッチリ覗けるのだが、どうやっても階下の部屋だけはムリだった。しかし、両部屋
の玄関をつなげる階段からは激しい怒鳴り声が聞こえる。女を殴り倒して、階段を引きずり出す音。

「オヤジは!」「カシラは!」と切迫した声。カーテンの隙間から、部屋から出てきた住人を見とめると、原色のセーター、刺繍の入ったGパン、腕と首には金の太いブレスレットのオールバック男。ケータイ片手に怒鳴り散らしている。

ほほう、ヤクザ丸出しやな。本職が下の階に引っ越してきたんかぁ…。なんてこともなく、所詮は自分には無関係なこと、このときのオレはそんな風に軽く考えていた。まさか、この男があんな事件を起こすとは…。

大音量の音楽と鳴り響く銃声

男が越してきて、1ヵ月ほど経った頃だろうか。女とのケンカが聞こえなくなった。下の階、最近静かやなぁ〜。しかし、次の日の朝、そんな状況は激変する。女を送りだし、新聞に目を通していると、

【ジャジャジャ、ジャジャ〜ン!!】

ヤクザ2

耳をつんざく大音量のヘビメタ。床が音の振動で揺れている。なんやどないしたんや?!


「キャ〜!!」

ヤクザの部屋からヘビメタの騒音のほかに女の悲鳴が聞こえる。


「ゲハハハ、金色のおっさんが家の中で暴れてるんじゃ〜!!」

続く男の声。あのヤクザの声だ。

【パン!!】

渇いた音と同時に、ウチの照明が弾け、火花が散った。な、なんや!!

【パァ〜ン!!】

床に伏せ、様子を窺ってると、もう一度、渇いた音が鳴る。

≫≫続く

続編はこちら

指名手配でマンションに潜伏していたオレの大受難28時間!!ヤクザが立てこもったマンションで大騒動に巻き込まれました!〜第3回〜
(2015年7月28日夕方公開)

RECOMEND

人気の記事ランキング