可愛く頑張る女性のための情報系求人ポータルサイト【Qtty】キューティー

18歳未満の方は退出してください。[exit]
ラブ 10978P

【告白】女性教師を妊娠させた13歳の僕!~第1回~

仁科裕子
取材・文/ライター・仁科裕子

実話系雑誌の編集者を経て、フリーに…。
告白系、独白系のルポ記事を武器に、数々の本に寄稿している。


告白者/仁藤信也(仮名)20才
兵庫県 フリーター

時々、女性淫行教師が新聞記事に掲載されることがある。
聖職者の鬱屈した日々が抑えられぬ欲望になって噴出でもするのだろうか。
教え子とセックスに耽る、とんだエロティーチャーたち。
中には目を見張るような美男や美人もいて、皆さんも驚くことが多いと思う。
しかし、オレは複雑な心境だった。というのも、
7年前の13才のとき、担任の女教師にイタズラされていたからだ。

あら、キミ
すごくカワイイ

話は平成12年の春に遡る。小学校を卒業した僕は、付属の有名名門中学に入学した。
教育ママである母の猛サポートによるお受験というやつだ。

妊娠2

正直、急に厳しくなる教師たちや規律に、
ついこの間までランドセルを背負っていた僕は戸惑っていた。

「私は、高橋江梨子といいます。
 あなたたちのクラスの担任を受け持つことになりました。
 あなたたちの先輩には著名な方も多いです、しっかりお勉強を頑張りましょう!
 ほら、そこ! 私語しない!」

はじめての担任は、27才の眞鍋かおり似のメガネ美人。
しかし、性格はキツそうで畏れ多くて近寄れないオーラが漂っていた。

妊娠1

名前と顔を一致させるために名簿を読みあげた高橋先生が少し冷徹な視線を生徒たちにむける。
まるで『女王の教室』状態。明らかにビビッた僕の順番が回ってきた。

「仁藤信也くん!」
「は、はい……」
「あ、あら…キミ、すごくカワイイ顔ね……」

ポッと頬を赤らめた先生は、それから授業中もホームルーム中も僕をチラチラ。
なにかと眼で追ってくる。な、なんやねん、この人は……。

その後も、廊下ですれ違うときに体をべったり触っていったり、
テスト中に僕の背後にまわって匂いを嗅いできたり、と何だか様子がおかしい。
体育の授業中、バスケットで汗を流しているとなんだか熱い視線。
それはことごとく高橋先生のものだった。

ある日、靴箱の中に一通のラブレターが。
それは、同じクラスの女の子からのものだった。

「手紙読んでくれた? 一緒にお昼ごはん食べようよ!」

女の子は、大胆にアプローチをかけてくる。
悪い気分のしなかった僕は、一緒にごはんを食べることに。
しかし、ここで事件が起こったのだ。

「なぁにやってんの!!
 女子と男子が一緒に机を並べてのランチは禁止です!!」

教室に入ってきた高橋先生の激しい怒号。
女の子を厳しく叱責する態度が尋常ではない。
親の仇へ対する憎しみのようなものを傍観している僕らは感じた。

「仁藤くん、あなたは放課後に残りなさい!」

そして、ついに彼女の欲望がむき出しになる。
生活指導室に呼びだされた僕に先生は叱るような口調で言った。

「裸になりなさい!! お勉強しないといけない時期にあんな女と何してるの、あなた!」

あまりの剣幕に僕は泣きながら素っ裸になった。
パンツの上からの先生のタッチ。

「ちんちんが大きくなるのってどういうときなの、仁藤くんは?」
「……」

恥ずかしくて恥ずかしくて、何もいえない僕のアソコがムクムクと大きくなる。
先生はそのままアソコの皮をむき、シコシコとしごきはじめた。
あっという間に、白くドロドロとしたザーメンが飛び出て、僕は驚きの声をあげた。

「あ~あ、はじめてこんなのが出たの? ホントにカワイイ。
 絶対にこんな恥ずかしいこと、誰にも言っちゃダメ。
 学校は退学だし、もう高校にも行けなくなるわよ」

そんな陳腐な脅し文句が心底怖く、僕は親にもそのことを言えずじまい。
ここから、僕は彼女のとどまることを知らない性の対象になった。

≫≫続く

続編はこちら

【告白】女性教師を妊娠させた13歳の僕!〜完結編〜
(2015年4月15日夜公開予定)

TAGS: 学校 妊娠 教師

RECOMEND

人気の記事ランキング