可愛く頑張る女性のための情報系求人ポータルサイト【Qtty】キューティー

18歳未満の方は退出してください。[exit]
サブカル 101383P

【ショック】日本初のソープボーイが店で過ごした2ヵ月!『オレが地獄をみた女性用ソープランドが閉店したワケ!』第3回

恒心弘子
取材・文/ライター・恒心弘子

女性風俗ライターとして注目される新人。
人気の風俗嬢たちからも慕われる。


告白者/瞬夜(仮名)24才 元ソープボーイ

ソープボーイ1

前編はこちら

【ショック】日本初のソープボーイが店で過ごした2ヵ月!『オレが地獄をみた女性用ソープランドが閉店したワケ!』第2回

まずはお風呂の入れ方から学ぶ

真っ裸になって舐めまわすように体のチェック。もちろん、チン〇の裏側まで丁寧に見られる。

女オーナー
「ちょっと立たせてみて」

女王様のように命令する女の前でシコシコ。いきり立ったモノを穴が開くほど凝視され、女は服を脱がせるようにと言った。

女オーナー
「じゃあ、お風呂に入れてちょうだい」

女が指示してきたサービスは、客に対しての内容と遜色なかった。

男性用ソープランドと同じだ。マット洗い、クンニ、指マン、シックスナインやバイブでのサービスなど。女性に誠心誠意“癒しの奉仕”。
1時間程度の面接と講習が続き、面接官代わりの女はなんとか合格のハンコを押してくれた。

07年4月、オレは晴れて“ソープボーイ”見習いとして入店できたのだ。
着の身着のままで福岡に定住することになったオレは、店の寮に入ることになった。

しかし、事前の店指定の泌尿器科へ出向く性病・エイズの検査はすべて自腹。
淋しい所持金がさらに減り、ふるさと・大阪にも帰れなくなった。よっしゃ、頑張って大金稼いだろうやないか!

先輩たちもクタクタで覇気ナシ

店での体験記の前に、この店のシステムについて少し触れておこう。

料金は90分3万円(延長30分、1万円)という価格(オープニングキャンペーンの2月当初は1000円引き)。これはプレイルームに入ってからの金額だ。
まずは入店し、ソープボーイの並んだパネルで、名前と年齢、体のアピールポイントなどの自己紹介を読みつつ、写真指名する。
顔出しNGのスタッフもいるので、サイトにはアップされない。全員の顔を見たければ、入店するしかないのだ。

合計3人までの指名が可能で、そのあとはお目当ての3人と無料でドリンクが飲めるラウンジコーナーで会って話をするのだった。
そこで、フィーリングの合った相手を1人選び、プレイルームへ。そこから、サービスへと入る。

即クンニから、スケベ椅子でのサービス、ローションでのマットプレイや逆潜望鏡などの一様の流れを踏んでから、ベッドでのサービスになる。
表向きには最後まで本番はナシということになっているが、ヘルスのように交渉次第で本番サービスを受けることができる。
プレイルームにはちゃんとコンドームが常備されているのだ。

面接を受けた次の日、開店前のミーティングで、タイトなホストスーツに身を包んだオレはスタッフに自己紹介をした。

ソープボーイ2

≫≫続く

続編はこちら

【ショック】日本初のソープボーイが店で過ごした2ヵ月!『オレが地獄をみた女性用ソープランドが閉店したワケ!』第4回
(2015年4月29日夕方公開予定)

RECOMEND

人気の記事ランキング