可愛く頑張る女性のための情報系求人ポータルサイト【Qtty】キューティー

18歳未満の方は退出してください。[exit]
サブカル 73256P

【ショック】日本初のソープボーイが店で過ごした2ヵ月!『オレが地獄をみた女性用ソープランドが閉店したワケ!』最終回

恒心弘子
取材・文/ライター・恒心弘子

女性風俗ライターとして注目される新人。
人気の風俗嬢たちからも慕われる。


告白者/瞬夜(仮名)24才 元ソープボーイ

前編はこちら

【ショック】日本初のソープボーイが店で過ごした2ヵ月!『オレが地獄をみた女性用ソープランドが閉店したワケ!』第8回

瞬夜
「は、はい…あの女って潤さんの客だったんですか?」
先輩
「また来てくれって営業かけたんだろ、おまえ?」
瞬夜
「ええ、知らなかったんで…」
先輩
「ゴォラァァ!! 人の客口説いてるんじゃねーぞ!!」
瞬夜
「知らなかったんですよ!」
先輩
「あいつ、電話かけてきて、オレの客だと知ってて口説いてきたって言ってたぞ!!」

は、はぁ? 男に嫉妬心を起こさせてトラブルを作る嫌な客はどこにでもいるが、まさかあの女が。

ソープボーイ3

先輩
「ナメてんのか!! いいよ、体でわからせてやんよ!!」

ラウンジのカウンターから潤さんが持ち出したのは包丁。
冗談だろう? 薄暗い店の中で、オレにむけて光が飛んでくる。か、勘弁してくれ、こ、殺される!!

全員が乱闘を止めに入る中、刃先が潤さんの手を離れて、オレの顔に飛んできた。し、死ぬ!! 次にオレが目が覚めたときには、寮のベッドの上。顔には出さなかったが、潤さんも鬱を患い、ナーバスな状態にあったようだ。

女たちを手玉に取るはずが、翻弄されて殺されかける。まさに“生き地獄”。オレは、この出来事の後、すぐに荷物をまとめて店を辞めた。

こうして、オレが退店した3ヵ月後、日本初の女性向けソープランドは閉店することになった。

この『CC.Club』、解散した後はオーナーたちも難しい女を相手にしなくて済む男性向けマットヘルスへの鞍替えしたという。

ソープボーイ4

結局、店側としても本番にこだわらなければ出張ホストでも経営することが安く、ハコを維持する経費がもったいない。県外からの客ばかりになると、リピーターが定着しないのだ。

今になってわかるのは、セックスという行為そのものよりも、愚痴を聞いてあげたり、ゲームを一緒にやってみたり、イケメンが添い寝をして話をしてみたり、ソフトに癒すほうが需要があるように思う。

しかし、女相手にこんな店をやるなんてもう絶対にゴメンだ。(完)

RECOMEND

人気の記事ランキング